コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁壺 へんこ bian-hu

3件 の用語解説(扁壺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扁壺
へんこ
bian-hu

中国東周頃に現れた古銅器の一種。胴を扁平につくった壺で,台をつけ,両肩には取手がある。唐代には陶製品もある。なお,日本の古墳時代須恵器にみられる提瓶,その他この種の類品をも扁壺と呼ぶ場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へん‐こ【××壺】

胴が扁平な壺(つぼ)形の容器。古代から世界各地に見られ、酒壺などにされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扁壺
へんこ

焼物や金属器の器形の一種。口の造りの小さい壺(つぼ)や瓶の胴を二方から平たくとって扁平にした袋物で、上から見ると断面が楕円(だえん)形または長方形となる。古くから西アジア、古代エジプトをはじめ世界各地の器皿に認められる。中国では紀元前の戦国時代すでに試みられているが、戦国、漢、唐、元、明(みん)のものが名高い。その特色ある器形がとくに注目されたのは朝鮮半島の高麗(こうらい)や李朝(りちょう)の扁壺で、日本では桃山時代の備前(びぜん)焼などに造形上優れた効果をもつものがある。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扁壺の関連キーワード東周巴形銅器高粱骨相古銅古銅器古銅輝石銅器氷山の一角挹婁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扁壺の関連情報