コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁壺 へんこbian-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扁壺
へんこ
bian-hu

中国東周頃に現れた古銅器の一種。胴を扁平につくった壺で,台をつけ,両肩には取手がある。唐代には陶製品もある。なお,日本の古墳時代須恵器にみられる提瓶,その他この種の類品をも扁壺と呼ぶ場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐こ【××壺】

胴が扁平な壺(つぼ)形の容器古代から世界各地に見られ、酒壺などにされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扁壺
へんこ

焼物や金属器の器形の一種。口の造りの小さい壺(つぼ)や瓶の胴を二方から平たくとって扁平にした袋物で、上から見ると断面が楕円(だえん)形または長方形となる。古くから西アジア、古代エジプトをはじめ世界各地の器皿に認められる。中国では紀元前の戦国時代すでに試みられているが、戦国、漢、唐、元、明(みん)のものが名高い。その特色ある器形がとくに注目されたのは朝鮮半島の高麗(こうらい)や李朝(りちょう)の扁壺で、日本では桃山時代の備前(びぜん)焼などに造形上優れた効果をもつものがある。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

扁壺の関連キーワードドンソン遺跡イスラム美術河井寛次郎天竜寺青磁森野泰明山室百世浅見隆三青銅器

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android