コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手信号 テシンゴウ

2件 の用語解説(手信号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐しんごう〔‐シンガウ〕【手信号】

列車・車両に対して、人が手旗か手さげランプを用いて行う信号。緑が進行、赤が停止を示す。
交差点などで交通整理の警察官が手で行う進行・停止などの指示。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の手信号の言及

【鉄道信号】より

…国鉄(現JR)でも電化の進展とともに腕木式から色灯式への転換が図られたが,その直接の理由は,電化による電柱の林立で腕木の見通しが悪くなったためであった。
[信号の種類]
 狭義の信号は,さらに常置信号機によって現示される常置信号,工事個所などにおいて列車,車両を徐行させるための臨時信号,場内信号機,出発信号機の使用できないとき,または信号機のないところで旗や灯火によって現示する手信号,予期しないところで列車を止める場合,音または炎で現示する特殊信号の四つに分けられる。常置信号機はさらに主信号機,従属信号機,信号付属機に分類される(図)。…

※「手信号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手信号の関連情報