手塚 富雄(読み)テヅカ トミオ

20世紀日本人名事典の解説

手塚 富雄
テヅカ トミオ

昭和期のドイツ文学者,評論家 東京大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年11月29日

没年
昭和58(1983)年2月12日

出生地
栃木県宇都宮市

学歴〔年〕
東京帝大独文科〔大正15年〕卒

学位〔年〕
文学博士

主な受賞名〔年〕
ゲーテメダル銀牌(西ドイツ)〔昭和35年〕,高村光太郎賞(第4回)〔昭和36年〕「ゲオルゲとリルケの研究」,ゲーテメダル金牌〔昭和39年〕,読売文学賞(第22回・研究翻訳賞)〔昭和45年〕「ファウスト」(訳),勲二等旭日重光章〔昭和49年〕,文化功労者〔昭和56年〕,フリードリヒ・ダンドルフ賞〔昭和57年〕

経歴
大正15年松本高校教授、昭和18年東京帝大助教授、24年東大教授を歴任して、39年退官。のち立教大、共立女子大の各教授を務めた。代表的著作に「ゲオルゲとリルケの研究」「ヘルダーリン」などがあり、ゲーテ、ヘッセ、カロッサなどの名訳で知られ、ゲーテの「ファウスト」の全訳は鷗外以来の名訳ともいわれた。40年より日本独文学会理事長をつとめ、多くの弟子を育てた。また25年頃よりジャーナリズムで評論活動を行い、評論集「西欧のこころをたずねて」「ものいわぬ日本を考える」などを刊行。西独のゲーテ・メダル金牌ほか多くの賞、表彰を受け、56年には文化功労者になる。「手塚富雄著作集」(全8巻 中央公論社)、「手塚富雄全訳詩集」(全3巻 角川書店)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

手塚 富雄 (てづか とみお)

生年月日:1903年11月29日
昭和時代のドイツ文学者;評論家。東京大学教授;日本独文学会理事長
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android