コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロッサ カロッサCarossa, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロッサ
Carossa, Hans

[生]1878.12.15. オーバーバイエルン,テルツ
[没]1956.9.12. パッサウ,リットシュタイク
ドイツの詩人,小説家。ミュンヘン,ウュルツブルク,ライプチヒの各大学で医学を学び,開業医として活動するかたわら,2冊の詩集と最初の小説『医師ビュルガーの最期』 Doktor Bürgers Ende (1913,30年『医師ビュルガーの運命』 Die Schicksale Doktor Bürgersと改題) を出版した。第1次世界大戦には軍医として従軍,東部戦線,西部戦線を転戦。戦後しばらくミュンヘンで開業したあと,母親の故郷ゼーシュテッテンに転居して創作に専念し,『幼年時代』 Eine Kindheit (22) ,従軍体験を記した『ルーマニア日記』 Rumänisches Tagebuch (24,35年『陣中日記』 Tagebuch im Kriegeと改題) ,『青春変転』 Verwandlungen einer Jugend (28) ,『医師ギオン』 Der Arzt Gion (31) ,『指導と信従』 Führung und Geleit (33) ,『成年の秘密』 Geheimnisse des reifen Lebens (36) など一連の自伝的作品を書いた。この間,ナチス政権下のアカデミー会員に選ばれたが拒否 (33) 。第2次世界大戦中もドイツにとどまって『美しき惑いの年』 Das Jahr der schönen Täuschungen (41) を発表,戦後はリットシュタイクに住んで著作を続け,最後の小説『若き医師の日』 Der Tag des jungen Arztesを死の前年に出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カロッサ

ドイツの作家。イタリア系で本業は医師。《幼年時代》《青春変転》や《美しき惑いの年》(1941年)など自伝的要素の強い10編の小説と詩集がある。ゲーテヒューマニズムを継ぐ作家といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カロッサ【Hans Carossa】

1878‐1956
ドイツの詩人,小説家。バイエルン州のバート・テルツに生まれる。医学を修めパッサウ医業につく。1910年《詩集》を刊行。日記体小説《ドクトルビュルガーの運命》(初稿,1913)で若い医師の愛と苦悩とを吐露。第1次大戦中は従軍医。その記録《ルーマニア日記》(1924)はヒューマニティに満ちた戦記文学である。戦火のもとで幼い日の思い出をつづり《幼年時代》(1922)を発表,以後《青春変転》(1928),《指導と信従》(1933),《美しき惑いの年》(1941)など作者の内的成長を跡づける自伝的作品を書き続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カロッサ【Hans Carossa】

1878~1956) ドイツの詩人・小説家・医師。穏やかな肯定の信念に貫かれた自伝的小説を書いた。代表作「幼年時代」「美しき惑いの年」「ルーマニア日記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カロッサ
かろっさ
Hans Carossa
(1878―1956)

ドイツの小説家、詩人。12月15日、南バイエルンのバートテルツに開業医を父として生まれる。カトリック教徒。父系にはイタリアとオーストリアの血が混じっている。生地に近いケーニヒスドルフ、ピルスティングなどで幼年期を過ごし、ランツフートの高等学校に入学。1897年以降ミュンヘン大学、ライプツィヒ大学、ウュルツブルク大学で医学を学び、1903年医学博士の学位取得。その後パッサウ、ゼーシュテッテン、ミュンヘンなどで開業医として診療にあたりながら、詩や小説を発表。晩年リットシュタイクに居住。56年9月12日、77歳で同地に死去。ゴットフリート・ケラー賞(1931)、ゲーテ賞(1938)などを受賞。
 彼は生涯を通じてバイエルンをほとんど離れず、作品はこの地方の風土と密に結ばれている。しかし直接描かれた世界の狭さにもかかわらず、その繊細な感受性はバイエルンの枠を越えて広い世界の動向を鋭敏に感じ取り、作品は新しい時代の予感をはらんでいる。その謙虚で深みのある人柄にはホフマンスタール、リルケ、トーマス・マンらも友情と信頼を寄せた。
 周囲の人に医師として接する生活のなかで人生の真実を見つめ、その記録を芸術作品として結晶させることが、彼の基本姿勢であった。したがって、作品はおおむねフィクションの少ない生活描写からなるが、私的体験を単なる私的体験にとどまらせず、そこから普遍的真実を見つめようとする視線が彼の文学全体を貫いている。生命のむなしさ、人生の暗黒を認識せざるをえないのが医師の宿命であろうが、その認識にもかかわらず治癒への努力を傾けることにこそ、医師の営みの本質は存するであろう。彼の作品は――表面、情緒的な回想のようにみえながら――人生の暗黒と混沌(こんとん)の認識を基底にもち、にもかかわらず光と調和を志向する忍従と、ユーモラスな心の優しさに満たされている。カロッサの文学こそ、ことばの真の意味において「医の文学」とよばれるべきものである。
 彼はゲーテを師と仰ぐが、小説の処女作『ドクトル・ビュルガーの最後』(1913。改作され『ドクトル・ビュルガーの運命』1930)は青年医師の苦悩を描き、『若きウェルテルの悩み』(1774)の現代版といわれた。続いて『幼年時代』(1922)は父母の愛に包まれた幼時の追憶を明るくつづるが、実はこの作品は、第一次世界大戦中から大戦後にかけての危機にあって、自己本然の姿、存在の根源を求める欲求より生まれたものである。第一次大戦の従軍体験はさらに『ルーマニア日記』(1924)を生む。続いて高等学校時代の思い出をつづる『青春変転』(1928)、第一次大戦後のミュンヘンを舞台とする『医師ギオン』(1931)、さまざまな邂逅(かいこう)の文学的回想『指導と信従』(1933)、中年を過ぎた男の内面を暗示する『成年の秘密』(1936)、ミュンヘン大学入学当時を描く『美しき惑いの年』(1941)、イタリアへの賛歌ともいうべき『イタリア紀行』(1946、48)を発表した。ナチス統治下の1941年、ヨーロッパ著作家連盟会長の地位に押したてられ、そのために戦後、非難を受けるが、『異なれる世界』(1951。『1947年晩夏の一日』を含む)は当時を振り返っての記録であり、彼の弁明の書でもある。最後の小説『若き医者の日』(1955)は開業医となったころへの回想をつづる。ほかに二つの詩集(1910、46)、講演録『現代におけるゲーテの影響』(1936)などがある。[平尾浩三]
『片山敏彦他訳『カロッサ全集』14巻・別巻1(1949~57・養徳社) ▽中山誠他訳『世界文学全集25 リルケ・カロッサ』(1979・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カロッサの関連キーワードボナヴェントゥーラ テッキドクトルビュルガーの運命片山 敏彦高安 国世ナチス文学手塚 富雄大山 定一翻訳文学片山敏彦尾崎喜八手塚富雄テッキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android