手塚光盛(読み)てづか みつもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚光盛 てづか-みつもり

?-1184 平安時代後期の武将。
信濃(しなの)(長野県)の人。源義仲にしたがい,寿永2年加賀(石川県)篠原の戦いで斎藤実盛(さねもり)の首をとる。のち源頼朝方の軍とたたかい,寿永3年1月近江(おうみ)(滋賀県)で敗死。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android