手塚猛昌(読み)てづか たけまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚猛昌 てづか-たけまさ

1853-1932 明治-昭和時代前期の実業家。
嘉永(かえい)6年11月22日生まれ。神職をつとめたのち,慶応義塾にまなぶ。明治27年「汽車汽船旅行案内」を発行。星亨(とおる)らと東京市街鉄道をおこし,39年東洋印刷を設立し社長。40年帝国劇場の創設にも参加した。昭和7年3月1日死去。80歳。長門(ながと)(山口県)出身。本姓岡部

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android