手形引受け(読み)てがたひきうけ

百科事典マイペディアの解説

手形引受け【てがたひきうけ】

為替手形の支払人が手形金額の支払義務を負担する行為。手形の引受欄に自己の署名または記名捺印(なついん)を行う方式による。引受けにより手形は流通力をもつことになり,引受人は手形の主たる債務者として満期に第一次的かつ無条件的に手形金額を支払う義務を負う。→銀行引受手形引受拒絶証書
→関連項目アクセプタンス引受手形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android