手許・手元(読み)てもと

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐もと【手許・手元】

〘名〙
① 手の届くあたり。身の回り。手回り。
※為忠集(鎌倉中か)「遠近の里のをとめ子さなへとる手もとにくれて日影なき迄」
② 手に握る部分。手に持つ部分。
※平治(1220頃か)中「熊手の柄を手本二尺許おきて、つんど切っておとされければ」
③ 何かをするときの手の動き。てつき。手なみ。腕前。技量。
※保元(1220頃か)中「為朝が手本はおぼゆるものを」
※狂言記・料理聟(1730)「初てのむこ殿には、包丁の手元を見ます」
④ (相手の手なみが見たいの意から) 酒をすすめられた時、逆に相手にすすめる語。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)湊「おてもと見まして、お間(あい)いたさふと罷出ば」
⑤ 箸(はし)をいう女房詞。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 暮らし向き。生計。生活。
※葛飾砂子(1900)〈泉鏡花〉八「手元が詰るに従うて謂ふまじき無心の一つもいふやうになると」
※山本東本狂言・因幡堂(室町末‐近世初)「その上私も、相応に手許もござったれども」
※人情本・春秋二季種(1844‐61頃)三「内じゃア手めへがこうこうだと先刻にかんは附てゐたが、手元(テモト)を見ずにゃア口は聞けねへと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android