コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち殺す ブチコロス

デジタル大辞泉の解説

ぶち‐ころ・す【打ち殺す】

[動サ五(四)]
殴り殺す。また、「殺す」を強めていう語。「―・されそうな目にあう」
質に入れる。また、売り払う。ころす。
「おのれが褞袍(わんばう)―・して買うてこい」〈浄・近江源氏
遊里で、遊女の心を奪い意のままに操る。
「腹一杯に女郎―・しのしののめ」〈洒・遊子方言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶちころす【打ち殺す】

( 動五[四] )
「殺す」を強めていう語。ぶっころす。 「ぐずぐず言うと、-・すぞ」
しちに入れる。売り払う。 「おのれが縕袍わんぼう-・して買うて来い/浄瑠璃・近江源氏」
遊里で、手練手管を用いて相手を悩殺する。 「拙者秘密の手を出し、-・して御目にかけう/歌舞伎・名歌徳」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち殺すの関連キーワード地獄落とし・地獄落しイワン(4世)手打ち・手討ち異国船打払令格殺・挌殺石(いし)びくとも手練手管地獄落し蠅叩き褞袍御目格殺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打ち殺すの関連情報