コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺す コロス

6件 の用語解説(殺すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころ・す【殺す】

[動サ五(四)]

㋐他人や生き物の生命を絶つ。命を取る。「首を絞めて―・す」「虫も―・さぬ顔」
㋑自分ではどうすることもできないで、死に至らせる。死なせる。「惜しい人を―・したものだ」

㋐活動や動作をおさえとどめる。「息を―・して潜む」「感情を―・す」「声を―・して笑う」
㋑勢いを弱める。「球速を―・したカーブ」
その人・物がもつ能力・素質・長所などを発揮できない状態にする。特性・持ち味などをだめにする。「せっかくの才能を―・してしまう」「濃い味付けで素材のうまみを―・している」
相手を悩殺する。惑わせる。「男を―・すまなざし」
競技やゲームなどで、何かの方法によって相手方が活動できないようにする。
㋐野球で、アウトにする。「牽制球で走者を―・す」
㋑相撲で、相手の差し手をつかみ、または押しつけて動きを封じてしまう。
㋒囲碁で、相手の石を攻めて、目が二つ以上できない状態にする。「端の石を―・す」
動詞の連用形に付いて、いやになるほどその動作をする意を表す。「ほめ―・す」
質に入れる。
「脇差曲げ、夜着を―・して」〈黄・金銀先生再寝夢〉
[可能]ころせる
[下接句]息を殺す窮鳥懐に入れば猟師も殺さず薬(くすり)人を殺さず薬師(くすし)人を殺す声を殺す大の虫を生かして小の虫を殺す角を矯(た)めて牛を殺す天道人を殺さず二桃(にとう)三子を殺す虫も殺さない虫を殺す

し・す【殺す】

[動サ下二]死なせる。ころす。
「命はな―・せ給ひそ」〈・上・歌謡〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ころす【殺す】

( 動五[四] )
人や動物の命を奪う。 ↔ 生かす 「短刀で人を-・す」 「煮沸してばい菌を-・す」
不注意など、自分の落ち度で人を死に至らしめる。どうすることもできないで、死ぬにまかせる。死なせる。 「一子など-・せし時は世に永らへては居られざる程に思ふものなりしが/浮世草子・織留 4
声などがあたりに聞こえないようにする。感情が表面に出ないようにする。おしころす。 「声を-・して泣く」 「息を-・して様子をうかがう」
本来の働きや効果の発現を妨げる。特にスポーツ・勝負事などで、相手の攻撃手段を封じる。 ↔ 生かす 「材料の持ち味を-・してしまう」 「スピードを-・した球」 「利き腕を-・す」 「左の隅の石を-・された」
野球で、アウトにする。
異性を悩殺する。たらす。 「糸屋の娘は目で-・す」
しちに入れる。 「更紗の下着と蜀錦の帯とを-・しけるに/滑稽本・針の供養」
[可能] ころせる
[慣用] 寸鉄人を- ・角を矯めて牛を- / 虫も殺さぬ

しす【殺す】

( 動下二 )
ころす。 「己が緒(=命)を盗み-・せむと/古事記

そす【殺す】

( 動四 )
ころす。 〔名義抄〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺すの関連キーワード生き物有生嗅ぎ出す残虐憑き物手飼い鞣す生命体引渡す召出す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殺すの関連情報