コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺す コロス

デジタル大辞泉の解説

ころ・す【殺す】

[動サ五(四)]

㋐他人や生き物の生命を絶つ。命を取る。「首を絞めて―・す」「虫も―・さぬ顔」
㋑自分ではどうすることもできないで、死に至らせる。死なせる。「惜しい人を―・したものだ」

㋐活動や動作をおさえとどめる。「息を―・して潜む」「感情を―・す」「声を―・して笑う」
㋑勢いを弱める。「球速を―・したカーブ」
その人・物がもつ能力・素質・長所などを発揮できない状態にする。特性・持ち味などをだめにする。「せっかくの才能を―・してしまう」「濃い味付けで素材のうまみを―・している」
相手を悩殺する。惑わせる。「男を―・すまなざし」
競技やゲームなどで、何かの方法によって相手方が活動できないようにする。
㋐野球で、アウトにする。「牽制球で走者を―・す」
㋑相撲で、相手の差し手をつかみ、または押しつけて動きを封じてしまう。
㋒囲碁で、相手の石を攻めて、目が二つ以上できない状態にする。「端の石を―・す」
動詞の連用形に付いて、いやになるほどその動作をする意を表す。「ほめ―・す」
質に入れる。
「脇差曲げ、夜着を―・して」〈黄・金銀先生再寝夢〉
[可能]ころせる
[下接句]息を殺す窮鳥懐に入れば猟師も殺さず薬(くすり)人を殺さず薬師(くすし)人を殺す声を殺す大の虫を生かして小の虫を殺す角を矯(た)めて牛を殺す天道人を殺さず二桃(にとう)三子を殺す虫も殺さない虫を殺す

し・す【殺す】

[動サ下二]死なせる。ころす。
「命はな―・せ給ひそ」〈・上・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころす【殺す】

( 動五[四] )
人や動物の命を奪う。 ⇔ 生かす 「短刀で人を-・す」 「煮沸してばい菌を-・す」
不注意など、自分の落ち度で人を死に至らしめる。どうすることもできないで、死ぬにまかせる。死なせる。 「一子など-・せし時は世に永らへては居られざる程に思ふものなりしが/浮世草子・織留 4
声などがあたりに聞こえないようにする。感情が表面に出ないようにする。おしころす。 「声を-・して泣く」 「息を-・して様子をうかがう」
本来の働きや効果の発現を妨げる。特にスポーツ・勝負事などで、相手の攻撃手段を封じる。 ⇔ 生かす 「材料の持ち味を-・してしまう」 「スピードを-・した球」 「利き腕を-・す」 「左の隅の石を-・された」
野球で、アウトにする。
異性を悩殺する。たらす。 「糸屋の娘は目で-・す」
しちに入れる。 「更紗の下着と蜀錦の帯とを-・しけるに/滑稽本・針の供養」
[可能] ころせる
[慣用] 寸鉄人を- ・ 角を矯めて牛を-虫も殺さぬ

しす【殺す】

( 動下二 )
ころす。 「己が緒(=命)を盗み-・せむと/古事記

そす【殺す】

( 動四 )
ころす。 〔名義抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殺すの関連キーワード踏み殺す・踏殺す寸鉄人を刺す刃に掛ける放射線殺虫キリング殺ダニ剤嬲り殺し叩き殺す五無間業捻り殺す五逆罪食殺す子殺し野締め戮する打殺す殺鼠剤名義抄古事記殺生戒

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殺すの関連情報