コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縊る クビル

デジタル大辞泉の解説

くび・る【×縊る】

[動ラ五(四)]
首を絞めて殺す。「のどを―・られて息絶える」
罪人を縛り首にする。
「―・らるる者九人、流さるる者十五人」〈孝徳紀〉
[動ラ下二]くび(縊)れる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くびる【縊る】

〔「首」の動詞化〕
( 動五[四] )
首をしめて殺す。しめ殺す。 「人ヲ-・ッテ殺ス/ヘボン」
絞首刑にする。 「有間皇子を藤白坂に-・らしむ/日本書紀 斉明訓
(物の中ほどを)しっかりにぎる。 「笏さく取り-・りてぞ、練り出でにたりし/宇津保 蔵開上
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縊るの関連キーワード有間皇子縛り首罪人括る人参溝瀆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android