コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しごき

百科事典マイペディアの解説

扱【しごき】

扱帯の略。普通の帯のように仕立てずに1枚の布地をしごいて用いる帯。着物の丈が長かった江戸時代には,外出の際着物をたくしあげるため用い,かかえ帯とも称したが,現在では装飾用となり,七五三の衣装や花嫁衣装などで締めた帯の下方につけて左側で結び下げる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しごき【扱】

扱帯の略。しごいて締めるところから名付けられた。江戸時代,対丈(ついたけ)であった女物の小袖の丈が長くなるにつれ,腰の部分をたくしあげて歩きやすいように固定するために用いられ,抱帯(かかえおび)ともいった。明治以降,お端折(はしより)をする着方に変わると,腰紐を使うようになり,礼装用の装飾としてのみ残った。現在では,抱帯は錦地などの平絎(ひらぐけ)帯をいい,花嫁衣装の掛下着に用いられる。扱は赤,黄,緑などの綸子(りんず)やちりめんで同色の房飾がついたものをいい,花嫁衣装の振袖の帯や,七歳児の祝着の帯の下側に畳んだ扱を巻いて左後腰で結ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

扱の関連キーワード根太切り・根太切中間運送取扱人浅野 勘三郎スレッシャーコンポンソム福島 清三郎集団定期保険コンテナー浅野勘三郎御座んまい軽賤・軽賎苛酷・苛刻ヘッドホン福島清三郎船木甚兵衛犬上郡兵衛とやかくや千石通し千歯扱き銭をつく

扱の関連情報