コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶桑名画伝 フソウメイガデン

デジタル大辞泉の解説

ふそうめいがでん〔フサウメイグワデン〕【扶桑名画伝】

江戸後期に編纂(へんさん)された日本の画家の伝記。信州須坂藩主堀直格(ほりなおただ)の草稿を国学者黒川春村が増補訂正。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

扶桑名画伝【ふそうめいがでん】

信州須坂藩主堀直格(なおただ)〔1806-1880〕が編纂(へんさん)した日本の画人伝。1854年の自序がある。全53巻で,一部散逸。収録人名の広範な点で,同時期の《古画備考》と並んで古画研究の手引書として重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふそうめいがでん【扶桑名画伝】

日本の画家の伝記を記したもの。江戸後期に編纂。信州須坂藩主堀直格なおただの草稿に国学者黒川春村が増補訂正。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扶桑名画伝
ふそうめいがでん

江戸後期に編纂(へんさん)された日本画家の総合的辞典。堀真格(なおただ)(1808―80)が国学者黒川春村(はるむら)の協力のもとに編纂し、直格の自序と春村の序文をもつ。画家をその身分・属性によって「帝王親王部」「摂関准后部」「大臣部」「納言参議部」「位階部」「庶士部」「雑家部」「法親王部」「大菩薩(ぼさつ)部」「大師部」に分類した大部の構成で、それぞれに伝記資料の充実を図っている。作品中心の『考古画譜』、画家の伝記と作品の叙述をあわせる『古画備考』とともに、日本美術史学上の基本資料として、現在でもその価値はきわめて高い。春村の子真頼(まより)が1899年(明治32)に哲学書院より刊行した1874名収載の「史料大観本」全53巻が流布している。[玉蟲玲子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone