コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)書(き) ヌキガキ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐がき【抜(き)書(き)】

[名](スル)
書物などから必要な部分を抜き出して書くこと。また、そのもの。「ポイントを抜き書きする」
演劇で、一人の役者の受け持つ箇所だけを書き抜いた略式台本。書き抜き。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抜(き)書(き)の関連キーワード中村弥八(初代)世阿弥十六部集キリシタン文学キリシタン版吉田長治兵衛キリシタン書いはでしのぶストバイオス古今目録抄寸松庵色紙後光明天皇塵塚誹諧集岡屋関白記臥雲日件録ケドレノス堀田正信椋梨一雪ローマ字本多富正航海日誌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android