コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憶念 おくねんsmṛti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憶念
おくねん
smṛti

仏教用語。記して心にとどめておくこと。浄土教では阿弥陀仏を常に心に銘記して忘れないという意味に用いている。親鸞は特に憶念と真実の信心とを同一のものとみなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おく‐ねん【憶念/臆念】

深く思い、絶えず忘れないこと。また、その思い、執念
「霊あらはれたり。殊には讃岐院の御霊、宇治悪左府の―」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

憶念の関連キーワード億・屋・憶・臆石沢 慈興石沢慈興南条神興八大夜叉南条文雄易行品良雄密教念仏親縁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android