コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憶念 おくねん smṛti

2件 の用語解説(憶念の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憶念
おくねん
smṛti

仏教用語。記憶して心にとどめておくこと。浄土教では阿弥陀仏を常に心に銘記して忘れないという意味に用いている。親鸞は特に憶念と真実の信心とを同一のものとみなしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おく‐ねん【憶念/臆念】

深く思い、絶えず忘れないこと。また、その思い、執念。
「霊あらはれたり。殊には讚岐院の御霊、宇治悪左府の―」〈平家・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憶念の関連キーワード抑留駐兵貯蔵宝蔵保留留置聞置く聞留める捨て目

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憶念の関連情報