コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

把頭制 はとうせいBa-tou-zhi; Pa-t`ou-chih

2件 の用語解説(把頭制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

把頭制
はとうせい
Ba-tou-zhi; Pa-t`ou-chih

中国の前近代的親方制度。包工制,包身制ともいう。日本の飯場制と類似する。把頭 (親方) は,雇主と賃金労務者との間に介在して労働を請負うもので,雇主に対しては必要な労働力を一括提供するとともに,労働者に対しては飯場を経営して集団的に彼らを掌握し支配する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はとうせい【把頭制 bǎ tóu zhì】

旧中国の鉱山業,運輸業,紡績業などに多くみられた労働請負制度。包工制,包身制ともいう。すでに明・清の社会に存在していた。把頭(親方)は,経営者から請け負った作業に従事させる労働者,あるいは経営者が必要とする数の労働者を,同郷関係などのルートで集めてきて,衣食住まで管理しながら労働させ,一括して賃金をうけとった。労働者は経営者とは間接的な賃金雇用関係にあるが,把頭に対しては一時的な債務奴隷の立場にあり,賃金の中間搾取はもとより,前渡し金というかたちの高利貸,その他経済外強制にも苦しめられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の把頭制の言及

【飯場制度】より

…ただし,第2次大戦後は労働基準法の施行等もあって,たこ部屋的側面は漸次解消され,また,技術革新のなかで作業監督機能もなくなるなど,飯場制度は現在では大きく変質している。 こうした制度は日本ばかりでなく,中国では把頭(パートウ)制とか苦力頭(クーリートウ)制,朝鮮では徳大制等と呼ばれ,イギリスでかつてバッティ・システムbutty systemといわれたものも,同性質のものと考えてよい。【松島 静雄】。…

※「把頭制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone