コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抑留・拘禁 よくりゅうこうきん

世界大百科事典 第2版の解説

よくりゅうこうきん【抑留・拘禁】

いずれも身体の自由を拘束することをいうが,日本国憲法は両者を区別している。〈抑留〉は一時的な身体の自由の拘束をさし,〈拘禁〉は継続的な自由の拘束をさすと解されている。憲法第34条によれば,〈何人も,理由を直ちに告げられ,且つ,直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ,抑留又は拘禁されない。又,何人も,正当な理由がなければ,拘束されず,要求があれば,その理由は,直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない〉(なお,国際人権規約B規約9条参照)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報