折口(読み)おりくち

精選版 日本国語大辞典の解説

おりくち をりくち【折口】

(「おりぐち」とも) 姓氏の一つ。

おれ‐くち をれ‥【折口】

〘名〙
① 折れてむき出しになった断面。折れやぶれた部分。折れめ。
※俳諧・俳諧新選(1773)四「折口はさすがに生きし冬木立〈支鳩〉」
② 今まで争っていたものが仲直りをする機会。
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)六「暇乞と中直りの汗を一度にかいて置(おか)んせ〈略〉粋な女房の挨拶もよいおれ口と」
③ 知人の死にあうこと。とむらい。一種の忌み詞。
人情本・三日月於専(1824)六回「私も此中友達の葬礼(オレクチ)から、婦多川の仮宅へまぐれやして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折口の関連情報