コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折(り) オリ

デジタル大辞泉の解説

おり〔をり〕【折(り)】

[名]
折ること。また、折ったもの。「線にそって折りをつける」「九十九(つづら)折りの坂」
薄い木の板などで浅く箱型に作った容器。料理や菓子などを詰める。折り箱。また、それに食べ物を詰めたもの。折り詰め。「赤飯を折りに詰める」「和菓子の折り
過ぎゆく時の中の、区切られたある時点。機会。「折りを見て伺います」「上京の折り
季節。時節。「お寒い折りから」
製本で、全紙1枚を印刷したものを16ページとか32ページとかになるよう折り畳んだもの。また、その作業。
連歌・俳諧で、懐紙の1枚(表・裏)をいう語。「名残の折り
頃(ころ)[用法]
[接尾]助数詞。
折り重ねたものを数えるのに用いる。「半紙一折り
折り箱に入れたものや折り詰めにしたものなどを数えるのに用いる。「鰹節(かつぶし)一折り」「四さお入りの羊羹二折り

せつ【折】[漢字項目]

[音]セツ(漢) シャク(慣) [訓]おる おり おれる
学習漢字]4年
〈セツ〉
おり曲げる。おれる。「右折曲折屈折骨折左折
二つに分け離す。「折衷折半
途中でくじける。くじく。「折衝挫折(ざせつ)
死ぬ。「夭折(ようせつ)
責めとがめる。「面折
〈シャク〉くじく。「折伏(しゃくぶく)
[難読]折敷(おしき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おり【折】

薄板を折り曲げてつくった箱。折櫃(おりびつ∥おりゆうず),折箱と呼ぶこともあり,おもに食物を入れるのに用いる。折櫃の名は奈良時代から見え,食器の収納にも用いた。《延喜式》には〈著足折櫃〉と足つきのものも見える。〈檜の薄板を折り曲げて筥(はこ)に作る也,是は餅類肴などを盛りフタをして,四隅に作り花などを立てゝ飾る也,俗に折と云も同物也〉と伊勢貞丈のいうように,ふたつきの曲物(まげもの)が基本で,1合2合と〈合〉を単位として数えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の折(り)の言及

【折納】より

…中国の税制用語。税法上に本来納付すべきものと指定されている銭物を本色(ほんしき)といい,本色に代えて納めるものを折色(せつしき)という。折は換算,換算交換を意味する。…

※「折(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

折(り)の関連キーワード四十四・世吉左折烏帽子時しもあれ折に触れて諸眉烏帽子烏帽子折り打抜きとじ折しもあれ折柴句集事の序で月の定座水原義博二十四節五穀潰し名残の折百折不撓世吉連歌折悪しく歯の破折一の折

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

折(り)の関連情報