コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)刷(り) ヌキズリ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐ずり【抜(き)刷(り)】

[名](スル)印刷物の一部分を抜き出して、別に印刷すること。また、そのもの。別刷り。「紀要から論文を抜き刷りする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

抜刷

雑誌や単行書中の個々の記事などを余分に印刷し,とじたもの.表紙が付けられることが多い.別刷り,リプリント(reprint)ともいう.通常,雑誌記事や雑誌論文について作成され,著者からの贈呈用に用いられる.学術雑誌の場合,抜刷を研究者仲間に配布する慣習はどの分野にもあり,目次速報誌などを見た研究者が著者に送付を求めることも多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

抜(き)刷(り)の関連キーワード紀要

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android