コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)刷(り)(読み)ヌキズリ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐ずり【抜(き)刷(り)】

[名](スル)印刷物の一部分を抜き出して、別に印刷すること。また、そのもの。別刷り。「紀要から論文を抜き刷りする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

抜刷

雑誌や単行書中の個々の記事などを余分に印刷し,とじたもの.表紙が付けられることが多い.別刷り,リプリント(reprint)ともいう.通常,雑誌記事や雑誌論文について作成され,著者からの贈呈用に用いられる.学術雑誌の場合,抜刷を研究者仲間に配布する慣習はどの分野にもあり,目次速報誌などを見た研究者が著者に送付を求めることも多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android