抜本塞源(読み)バッポンソクゲン

デジタル大辞泉の解説

ばっぽん‐そくげん【抜本塞源】

《「春秋左伝」昭公九年から》木を根本から引き抜き、水の流れを水を塞(ふさ)いで止めること。根本の原因を取り除いて弊害が再び起こらないようにすること。「抜本塞源の大改革を必要とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっぽんそくげん【抜本塞源】

〔「左氏伝昭公九年」より。根元を引き抜き、源をふさぐ意から〕
根本的に物事を処理すること。災いを根源から取り去ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばっぽん‐そくげん【抜本塞源】

〘名〙 物事の根本の原因を除いて弊害をふさぐこと。災いの根を除くこと。
※新聞雑誌‐四五号附録・明治五年(1872)五月「終に抜本塞源(バッホンソクケン)の良図なし」 〔春秋左伝‐昭公九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android