コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)本 ヌキホン

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐ほん【抜(き)本】

書物からの書き抜きをまとめた本。抄本。
義太夫節一部分粋した本。丸本(まるほん)に対していう。

ばっ‐ぽん【抜本】

根本的な原因を除き去ること。「抜本策」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっぽん【抜本】

物事の根本の原因を取り除くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜(き)本の関連キーワード食料・農業・農村基本問題調査会消費増税法案の付則18条2項外国為替及び外国貿易管理法教育に関する自民党の公約福岡空港の増設案と新設案ストレートコンバージョン大阪府大阪市東淀川区大阪府大阪市西淀川区リエンジニアリング大阪府大阪市淀川区長崎市の財政事情教育再生実行会議電力システム改革森林・林業基本法日本版ビッグバン石炭鉱業審議会所得税法の付則NTT労働組合消費税総額表示中期プログラム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android