コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗線ひずみ計 ていこうせんひずみけいwire strain gauge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抵抗線ひずみ計
ていこうせんひずみけい
wire strain gauge

金属や半導体が弾性的に伸縮するとき,その電気抵抗が変化する現象 (→圧抵抗効果 ) を利用したひずみ計。構造,用法が簡単で感度もよいので最も広く用いられる。測定用抵抗素子は,ゲージ係数 (またはひずみ感度係数。伸縮に対する抵抗変化の比値) が大でその温度係数の小さい材料がよく,通常アドバンス (→コンスタンタン ) ,ニクロムなどの直径 0.025mm以下の極細線や箔を用い,これを薄い絶縁台紙の2標点間 (通常3~50mmにとる) に平行に折返し接着してゲージとする。これを適当な接着剤で被験体に貼りつけると,被験体のひずみとともに素子も伸縮するので,その抵抗変化をブリッジ回路,増幅器で拡大し,ひずみを計測する。ひずみ感度は 10-3~10-5 程度。1個のゲージでは1方向のひずみしかはかれないから,通常,被験体の異なる場所と異なる方向に複数のゲージを用いる。応力解析の便宜のため,一定角度をもって異なる方向に数個の素子を組合せたゲージをロゼットゲージという。素子にシリコンなどの半導体を用いると一層高感度が得られるが,温度によりゲージ係数が変動する難点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

抵抗線ひずみ計の関連キーワードひずみ(歪)計血圧計

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android