コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押戻 おしもどし

1件 の用語解説(押戻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おしもどし【押戻】

歌舞伎荒事の一演出,およびその役。歌舞伎十八番の一つ。《道成寺》《双面(ふたおもて)》《女鳴神》などの幕切れ近く,隈取,鬘,衣装など荒事の扮装に簑を着,竹笠と太い青竹を持って登場し,怨霊,妖怪を花道から舞台に押し戻す。1727年(享保12)3月江戸中村座の《国性爺竹抜五郎(こくせんやたけぬきごろう)》で2世市川団十郎が初演したとの説があるが不明。1934年東京歌舞伎座で5世市川三升(10世団十郎)が一幕物として上演している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

押戻の関連キーワード女歌舞伎歌舞伎舞踊元禄歌舞伎濡れ場野郎歌舞伎遊女歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎役者歌舞伎踊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

押戻の関連情報