コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押戻 おしもどし

世界大百科事典 第2版の解説

おしもどし【押戻】

歌舞伎荒事の一演出,およびその役。歌舞伎十八番の一つ。《道成寺》《双面(ふたおもて)》《女鳴神》などの幕切れ近く,隈取,鬘,衣装など荒事の扮装に簑を着,竹笠と太い青竹を持って登場し,怨霊,妖怪を花道から舞台に押し戻す。1727年(享保12)3月江戸中村座の《国性爺竹抜五郎(こくせんやたけぬきごろう)》で2世市川団十郎が初演したとの説があるが不明。1934年東京歌舞伎座で5世市川三升(10世団十郎)が一幕物として上演している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

押戻の関連キーワード十八番(おはこ)京鹿子娘道成寺垣衣恋写絵娘道成寺押戻し

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android