コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持世寺温泉 じせいじおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持世寺温泉
じせいじおんせん

山口県南西部,宇部市中央部,厚東川にのぞむ田園の中に湧く温泉。泉質放射能泉泉温は 26~41℃。切り傷火傷リウマチ神経痛,胃腸病などに効能が高い。療養客のほか,静かな環境から静養客の利用も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

持世寺温泉
じせいじおんせん

山口県南西部、宇部市厚東(ことう)にある温泉。山陽本線厚東駅から南西1キロメートルの厚東川の河畔に湧出(ゆうしゅつ)する。泉質は放射能泉で、母岩は花崗(かこう)岩。まだ県内の客が主である。南には中世の古城跡のある霜降(しもふり)岳がそびえる。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

持世寺温泉の関連キーワード三浦

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android