厚東川(読み)ことうがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「厚東川」の解説

厚東川
ことうがわ

山口県西部を流れる川。ほぼ美祢(みね)市と宇部市の範囲を流域とし、延長59.9キロメートル、流域面積405.3平方キロメートル。長門(ながと)山地の桂木(かつらぎ)山に発し、石灰岩台地秋吉台(あきよしだい)を横断し、大田川を合流する中流で県営厚東川ダム(1949年建設)によって、宇部・山陽小野田両市の工業用水を確保している。ダムにより小野湖ができている。河口では近世の干拓新田地帯を貫流して、周防灘(すおうなだ)に入る。なお、河水に炭酸カルシウムを多量に含むことで知られる。

[三浦 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「厚東川」の解説

厚東川
ことうがわ

山口県南西部,権現山を発し秋吉台を縦断,宇部市で周防灘に注ぐ川。全長 59.9km。カルスト地形特有の地下流,湧などの水系をもつ。中流に厚東川ダムと小野湖があり,河口には干拓地が広がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「厚東川」の解説

ことうがわ【厚東川】

山口県美祢郡秋芳町の桂木山(702m)に発し,カルスト高原秋吉台を横断,大田川と合流する丘陵地帯をほぼ南流して,宇部市で周防灘に入る川。幹川流路延長59.9km,全流域面積405.3km2。河水に炭酸カルシウムを多量に含む。中流の県営厚東川ダム(1949建設)は宇部・小野田両市へ工業用水,電力を送り,人造湖(小野湖)周辺は山口茶の新産地となった。河口から6kmの間は近世の干拓新田で,県下有数の穀倉地帯をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android