挙手(読み)きょしゅ

精選版 日本国語大辞典「挙手」の解説

きょ‐しゅ【挙手】

〘名〙 げること。特に、賛否、希望の有無、敬礼など、意思を表わす場合に用いられる。〔落葉集(1598)〕
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉五二「冷めた茶碗を〈略〉かぶりと呑むと、ガチリと立って挙手した切、ただの巡査に成って格子を出た」 〔後漢書‐王覇伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「挙手」の解説

きょ‐しゅ【挙手】

[名](スル)合図や意思表示のために片手を高くあげること。「賛成の挙手を求める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android