コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捕虫葉 ホチュウヨウ

大辞林 第三版の解説

ほちゅうよう【捕虫葉】

粘液などを分泌し、虫を捕らえる役をする食虫植物の葉。モウセンゴケ・ムシトリスミレなどの葉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

捕虫葉
ほちゅうよう

昆虫をとらえる機能をもつ葉の総称で、さまざまな形のものがある。捕虫葉をもつ植物(食虫植物)には、日本に自生するモウセンゴケ、ムシトリスミレ、タヌキモなどがあるほか、外来種としてウツボカズラなどがある。モウセンゴケは葉の表面に腺毛(せんもう)が密生していて、これで虫をとらえ、消化して養分とする。また、ウツボカズラでは捕虫嚢(のう)があり、落ち込んだ虫はこの中の液体によって消化される。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

捕虫葉の関連キーワードダーリングトニアサラセニア膨圧運動ムジナモ感覚毛普通葉変形葉傾触性粘液触覚変態粘毛傾性触毛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android