コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捩り捩る スジリモジル

デジタル大辞泉の解説

すじり‐もじ・る〔すぢりもぢる〕【×捩り×捩る】

[動ラ五(四)]
曲がりくねる。乱れもつれる。
「可笑しく葛藤(もつ)れた縁の糸の―・った間柄」〈二葉亭浮雲
からだをひねって、くねらせる。
「伸びあがりかがまりて、舞ふべきかぎり―・り」〈宇治拾遺・一〉
あちらこちらに曲がりくねって行く。
「里の裏道畦道(あぜみち)を―・りて藤井寺」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すじりもじる【捩り捩る】

( 動四 )
身をさまざまにくねらせる。 「翁のびあがりかがまりて、…、-・り、ゑい声を出して/宇治拾遺 1
あちこちへ曲がりくねる。 「裏路畦路を-・りて藤井寺/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捩り捩るの関連キーワード藤井寺浄瑠璃

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android