操守(読み)そうしゅ

精選版 日本国語大辞典「操守」の解説

そう‐しゅ サウ‥【操守】

〘名〙 心に堅く守って、変わらないこと。みさお。節操
※雑話筆記(1719‐61)上「其元に於ては比類無く過分な言にて候。能(よく)守之有る可く候」
※軍隊内務令(1943)綱領「も軍人たるの操守を誤るが如きことなからしむべし」 〔新唐書‐裴度伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「操守」の解説

そう‐しゅ〔サウ‐〕【操守】

信念を堅く守って、心変わりしないこと。節操。
「死生のあいだに臨んで、その―を失わざる者は」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「操守」の解説

【操守】そう(さう)しゆ

操持。〔唐書、裴度伝〕度、然として(わづ)かに中人なるも、爽(まいさう)、操守堅正、占對を善くし、に功り。名、四夷に震ふ。

字通「操」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android