コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擡頭 たいとう

世界大百科事典 第2版の解説

たいとう【擡頭】

文章中において,高貴な人の称号・行為に関する語に対して,敬意を表すためにとる記述形式の一つで,敬意を表すべき語で改行すると同時に,他の行よりも1~2字ほど高いところから書き出す方法である。このような記述形式には,擡頭のほか,その語の上を1字ないし数字分空ける闕字(けつじ),その語が行の途中に出たらその語を行の最上にするため改行する平出(へいしゆつ)がある。闕字,平出は,律令国家公文書の様式等を制した公式令にも定められ,古代・中世・近世を通じて公私の文書・記録類に使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

擡頭の関連キーワードニューペインティングニューミュージックベルサイユ体制擡げる・抬げるクラカウアー立憲君主制橘奈良麻呂日本浪曼派クローチェ計量経済史中国国民党欠字・闕字メディチ家東山時代ウォルフブロッホ三条仏所長井雅楽源平時代上げ書き

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擡頭の関連情報