コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬経 ぎけいnǐ jīng

世界大百科事典 第2版の解説

ぎけい【擬経 nǐ jīng】

中国,経書を摸擬して著作すること。前漢末の揚雄は経のうち最も尊ぶべきは《易経》であると考え,《易経》に摸擬して《太玄経》を作り,伝のうち最も尊ぶべきは《論語》であるとして,《論語》に摸擬して《法言》を作った。また隋の王通は《礼論》25篇,《楽論》20篇,《続書》150篇,《続詩》360篇,《元経》50篇,《賛易》70篇,いわゆる王氏の六経を著した。これらは擬経の最も著明なものである。経書は万古不易の真理を説く聖人の著作であるはずなのに,擬経は〈その実なくしてその事をなす〉として,儒家の正統主義に立って厳しく非難する者もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

擬経の関連キーワード視聴覚教育

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android