コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太玄経 たいげんきょうTai-xuan-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太玄経
たいげんきょう
Tai-xuan-jing

中国,前漢の思想家揚雄の著書。『易経 (周易) 』を改修して,一層精密な人間の運命を予言する書としようとしたもの。人間の諸現象は,『老子』の唱える「 (無) 」を根源とし,天・地・人を基本要因とし,その組合せでとらえられるとして,その組合せの 81首の図式をつくり,さらに各首にその現象の終始の展開を象徴する9賛をつけている。全部で 729賛が日々昼夜の人事の展開をことごとく示しているとする。揚雄の苦心,自負の作で,推尊した学者もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいげんきょう〔タイゲンキヤウ〕【太玄経】

中国、漢代の哲学書。10巻。揚雄撰。老荘思想を取り入れ、易占を社会情勢に応じた合理的なものにしようとしたもので、易の陰陽二元論の代わりに、始・中・終の三元をもって宇宙万物を説明した。太玄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいげんきょう【太玄経 Tài xuán jīng】

中国,前漢の揚雄が《易経》にまねてつくった占いの書。易の六十四卦にたいして八十一首,六爻(ろつこう)にたいして九賛を設けるといったたぐいで,暦学,天文学,陰陽五行説などと結合した漢代易学の成果を吸収しつつ,《老子》に由来する〈〉に根本原理をもとめた。天地人の象徴である を基本とするのも,〈一は二を生じ,二は三を生じ,三は万物を生ず〉という《老子》の考えかたにもとづく。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいげんきょう【太玄経】

中国の術数書。前漢の揚雄の撰。一〇巻。成立年代未詳。陰陽の二元の代わりに始・中・終の三元で宇宙万物の根源を論じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の太玄経の言及

【擬経】より

…中国,経書を摸擬して著作すること。前漢末の揚雄は経のうち最も尊ぶべきは《易経》であると考え,《易経》に摸擬して《太玄経》を作り,伝のうち最も尊ぶべきは《論語》であるとして,《論語》に摸擬して《法言》を作った。また隋の王通は《礼論》25篇,《楽論》20篇,《続書》150篇,《続詩》360篇,《元経》50篇,《賛易》70篇,いわゆる王氏の六経を著した。…

【揚雄】より

…時に成帝の奢侈(しやし)を風刺した〈甘泉賦(かんせんふ)〉を奏上したところ,帝はこれを珍重したという。その後,《易》になぞらえて《太玄経(たいげんけい)》を著し,無欲で心静かな生き方を守ろうとした。また,《論語》を模した《法言(ほうげん)》では,王道を論じて道徳による政治を説いた。…

※「太玄経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太玄経の関連キーワード揚雄・楊雄老荘思想擬経準擬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android