コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射性廃棄物管理 ほうしゃせいはいきぶつかんりradioactive waste management

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射性廃棄物管理
ほうしゃせいはいきぶつかんり
radioactive waste management

一般に放射性廃棄物は人体に有害な放射能を含むため,その取り扱いに際し,発生,処理,調整,輸送,貯蔵,処分の各段階に対して,互いに整合性のとれた一貫性のある計画のもとで行なうべきであるとする考え方。より責任ある対策を講じることを強調して,廃棄物を投棄するという従来の概念と区別する場合に用いられる。放射性廃棄物は核燃料物質の採掘・精錬・加工などの工場や原子力発電所,使用済み核燃料の再処理工場などの核燃料サイクル関連施設,老朽化し閉鎖解体される原子力施設からも発生する。管理計画は環境や人間への影響,経済性の観点などから評価され,最適の方法が組み合わされて用いられる。 (→放射性廃棄物処分 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射性廃棄物管理の関連情報