コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政府間海洋学委員会 せいふかんかいようがくいいんかいInter-governmental Oceanographic Commission; IOC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政府間海洋学委員会
せいふかんかいようがくいいんかい
Inter-governmental Oceanographic Commission; IOC

1961年に発足したユネスコの機構の一つで,海洋の調査・研究についての政府間の取決めを行う。参加国が行う海洋調査や研究活動に対する援助や,国際協力による事業の推進を行うことをおもな目的としている。発足当時は学術活動に関連するものが多かったが,最近では国連海洋法をめぐる国際関係などの影響で,政治的問題も含まれることが多くなった。世界海洋観測システム (GOOS) ,ウエストパック (WESTPAC) ,世界海洋循環実験計画 (WOCE) などの国際計画に対応している委員会でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海の事典の解説

政府間海洋学委員会

ユネスコに設置されている海洋学に関する政府間機関であり、海洋学全般の調査・研究の発展に必要とされる諸種の政府間機関を組織し、政府間の協力を促進 し、調整を図る機関である。気象・大気物理学に対する世界気象機構(WMO)に対応する。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

政府間海洋学委員会の関連キーワード国際津波情報センターA.F. ブルーンウェストパック世界気候計画アイゴス計画IGOSSIDOEPTWC海洋汚染IOC海況

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android