コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政府間海洋学委員会 せいふかんかいようがくいいんかい Inter-governmental Oceanographic Commission; IOC

2件 の用語解説(政府間海洋学委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政府間海洋学委員会
せいふかんかいようがくいいんかい
Inter-governmental Oceanographic Commission; IOC

1961年に発足したユネスコの機構の一つで,海洋の調査・研究についての政府間の取決めを行う。参加国が行う海洋調査や研究活動に対する援助や,国際協力による事業の推進を行うことをおもな目的としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典の解説

政府間海洋学委員会

ユネスコに設置されている海洋学に関する政府間機関であり、海洋学全般の調査・研究の発展に必要とされる諸種の政府間機関を組織し、政府間の協力を促進 し、調整を図る機関である。気象・大気物理学に対する世界気象機構(WMO)に対応する。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政府間海洋学委員会の関連キーワードユネスコ条約コールドステーションテイクワン新規就農相談センターユネスコ・エコパークユネスコ無形文化遺産イコモス(ICOMOS=国際記念物遺跡会議)後付けバルコニーIGOSS廃棄物その他の物質の投棄による海洋汚染の防止に関する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政府間海洋学委員会の関連情報