コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治の社会的基礎 せいじのしゃかいてききそ

1件 の用語解説(政治の社会的基礎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治の社会的基礎
せいじのしゃかいてききそ

大山郁夫著。 1923年刊。日本近代政治学史上の画期的著作とされている。「国家権力を中心とする社会闘争の政治学的考察」という副題を付しており,従来の主観的価値判断による理想的国家像を基礎とする政治学から,社会法則を基礎とする科学的政治学への転換をはかろうとしたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治の社会的基礎の関連キーワード大山郁夫丸山真男さがわん3兄弟 たびた平山郁夫シルクロード美術館平山郁夫美術館石田雄大山柳子田部井健次福田歓一日本近代五種・バイアスロン連合

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone