コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治工学 せいじこうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治工学
せいじこうがく

さまざまな政治問題の解決に工学的手法を導入して,合理的かつ効率的な解決方法を考える技術。具体的には世論調査統計処理データベースなどの手法を導入して実証的に政治現象を観察する。このような手法で政治現象を解明することについては,人間の政治的感情や行動を軽視しているため限界があるとの批判もあるが,政治学が単なる歴史的事実の記述評論を越え,その知識や概念を一般化・普遍化することに役立った点で,その意義は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治工学の関連情報