コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治工学 せいじこうがく

1件 の用語解説(政治工学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治工学
せいじこうがく

さまざまな政治問題の解決に工学的手法を導入して,合理的かつ効率的な解決方法を考える技術。具体的には世論調査統計処理データベースなどの手法を導入して実証的に政治現象を観察する。このような手法で政治現象を解明することについては,人間の政治的感情や行動を軽視しているため限界があるとの批判もあるが,政治学が単なる歴史的事実の記述や評論を越え,その知識や概念を一般化・普遍化することに役立った点で,その意義は大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治工学の関連キーワードCERT/CC応用地理学社会工学経営工学ロールプレーイング政治手腕百端医用生体工学質問会議政治問題の法理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政治工学の関連情報