政治過程論(読み)せいじかていろん(英語表記)The Process of Government

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「政治過程論」の解説

政治過程論
せいじかていろん
The Process of Government

A.ベントリーの主要著作の一つ。 1908年刊。発刊当時は注目されなかったが,40年代に再発見され,以後政治学における政治過程論,圧力団体論の先駆とみなされている。このなかでベントリーは従来の政治学を死せる形式的研究であると批判し,集団現象こそ政治現象であるととらえ,政治行動は政治の場における集団を研究することによって解明されると考えた。具体的には,圧力団体,政党など個別のアクターから,立法過程,行政過程,司法過程などのプロセス全体に注目して分析を展開する点で特色がある。現在の政治過程論は,政策が決定される過程 (政策過程) に焦点をあてる考え方が主流である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android