コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救命索 キュウメイサク

デジタル大辞泉の解説

きゅうめい‐さく〔キウメイ‐〕【救命索】

航海中の船舶で、動揺が激しいときの歩行を助けたり、大波にさらわれるのを防いだりするため、甲板上に縦横に張り渡すロープ。また、救命艇外周潜水夫の身体に結びつけるロープ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうめいさく【救命索】

荒天の時などに、乗務員が波にさらわれるのを防ぎ、また歩行の助けとなるように船の甲板上に張りめぐらすロープ。また、救命艇や救命筏いかだの周りに張りめぐらす取っ手つきのロープや、潜水夫の体に結びつけるロープをもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

救命索の関連キーワード救命設備救命具救命砲乗務員

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android