コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救命艇 きゅうめいてい lifeboat

翻訳|lifeboat

4件 の用語解説(救命艇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救命艇
きゅうめいてい
lifeboat

船に搭載し,遭難に際して人命救助に使用する木製または鋼製の小型ボート。非常用食糧,飲料水,信号機などを備え,約 40人が1週間余漂流することのできる設備をもつ。オール式,発動機式の2種類があり,復元性,速力,耐火性,定員数,大きさなど,各種の規準がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅうめい‐てい〔キウメイ‐〕【救命艇】

救命ボート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

救命艇【きゅうめいてい】

ライフボート。船の遭難時の人命救助専用艇。木製,金属製,プラスチック製があり,外見上カッターと変わらないが,満載のために浸水しても十分な浮力をもつ水密の空気室があるのが特徴。
→関連項目救命いかだ(筏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きゅうめいてい【救命艇】

船舶に搭載し、遭難した時など、人命救助に使用するボート。転覆しても沈まないように水密空気タンクが設けてある。救命ボート。ライフ-ボート。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の救命艇の言及

【救命設備】より


[船の救命設備]
 船の救命設備は,救命器具,信号装置および進水装置の3種類に大別される。このうち救命器具が人命を守る基本的な道具であり,これには集団で使用する救命艇や救命いかだなどと,個人ごとに使用する救命胴衣などとがある。救命胴衣はライフジャケットlife jacketとも呼ばれ,カポックなどの浮力材を用いたものやガスによる膨張式など種々の形式があり,形状も枕状,チョッキ型,首にかける型などさまざまである。…

※「救命艇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

救命艇の関連キーワード海難救助救命具救助救命砲サルベージ人命優先ライフセーバーライフボートカナーン・ドッグ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救命艇の関連情報