教存(読み)きょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教存 きょうそん

1779-1831 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)観竜寺の教範真言をまなび,高野山で修行。師のあとをついで観竜寺の住持となる。詩文このみ,菅茶山,後藤漆谷とまじわった。天保2年7月24日死去。53歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。字(あざな)は快行。号は風牀山人。著作に「続聯珠詩格」「風牀小詩」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android