コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教授館 こうじゅかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教授館
こうじゅかん

土佐藩の藩校宝暦 10 (1760) 年,藩主山内豊敷により設立。当初は各師家の共同利用施設として用いられ,各自期日を定め,当番の日にそれぞれの弟子がここに参集して自分の師家の講義を聴講する方式がとられた。ここでの学問は朱子学が中心で,初めは医学も含まれていた。文久2 (1862) 年,文武教場を合併して致道館と改称,のち医学校が分離独立し,慶応2 (66) 年には洋学中心の開成館が設置され,致道館は明治5 (72) 年,閉鎖された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

教授館の関連キーワード日本の医学史(年表)高知県高知市追手筋日根野鏡水山内豊策安並雅景岡本寧浦箕浦耕雨鹿持雅澄谷真潮土佐藩谷垣守

教授館の関連情報