コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数学の応用 すうがくのおうようapplication of mathematics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数学の応用
すうがくのおうよう
application of mathematics

自然科学や人文科学において,数学的モデルを立て,事象や法則の記述に数式を用い,また理論の展開に数学を利用すること。ベクトル解析,誤差論,確率論,幾何学解析学,微分方程式論,特殊関数論,群論,ゲームの理論などほとんどすべての数学の所産が応用の対象となっている。特に広く応用されている数学的手法をとりまとめて応用数学または実用数学と呼ばれることがあり,また諸分野において特に数学に密着した研究を数理物理学数理経済学数理哲学などと称している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

数学の応用の関連キーワード離散数学有限数学関数空間ガウス賞数学史物理学伊藤清文章題数理解釈

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数学の応用の関連情報