コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文房 ブンボウ

大辞林 第三版の解説

ぶんぼう【文房】

読書・執筆・研究などをする部屋。書斎。 「書籍を買ひ-の具を求めて/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の文房の言及

【文房具】より

…文具ともいう。元来は中国の文人の書斎である文房の用具の意で,すでに漢代の学者蔡邕が《筆賦》を書くなど,中国では文具に対する格別の愛着が認められる。唐代には良質の硯(すずり)ができるようになって文具愛玩も強まり,宋代には〈文房四宝〉として筆,墨,硯,紙がとくに尊重されるようになった。…

※「文房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文房の関連キーワードストライプボールペンキーボーキ miniスターボールペンステーショナリーレトロボールペンこねこのぴっちブックバンド万里小路建房開元天宝遺事黄州寒食詩巻久津見 晴嵐学問ノススメ久津見晴嵐キーボーキ熊谷直行木村嘉平必勝文具スタッド李朝民画唐才子伝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文房の関連情報