コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文政寺社町方書上 ぶんせいじしゃまちかたかきあげ

1件 の用語解説(文政寺社町方書上の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんせいじしゃまちかたかきあげ【文政寺社町方書上】

1825‐28年(文政8‐11)に江戸幕府が江戸の町々および寺社から,それぞれの町や寺社の由来などについて書き出させた調査書。寺社方121冊,町方146冊。幕府は1826年《御府内風土記》の編纂を始め(1829年完成したが72年に焼失,その際災いを免れた資料集が《御府内備考》),その史料として提出させたものである。内容は詳細であるが曲輪外の地域のみで,曲輪内の日本橋,京橋,内神田,麴町などを欠く。【南 和男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

文政寺社町方書上の関連キーワードアレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧ボリビアJアダムズお染古史伝税所敦子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone