コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文禰麻呂 ふみの ねまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文禰麻呂 ふみの-ねまろ

?-707 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)で東国にのがれた大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがった舎人(とねり)。のち村国男依(むらくにの-おより)らとともに近江(おうみ)(滋賀県)に攻めいった。天保(てんぽう)2年大和(奈良県)宇陀郡で発見された墓誌には将軍左衛士府督(かみ),正四位上とある。慶雲(きょううん)4年10月24日(墓誌では9月21日)死去。氏(うじ)は書,名は根麻呂ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

文禰麻呂の関連キーワード文禰麻呂墓壬申

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android