コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安然 アンネン

百科事典マイペディアの解説

安然【あんねん】

五大院大徳,密教大師とも。近江(おうみ)の人。最澄(さいちょう)と同姓の出身という。円仁(えんにん),遍昭(へんじょう),円珍(えんちん)について天台宗の密教を学び,その教義の大成に努力,台密(たいみつ)教学を完成させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安然 あんねん

841-? 平安時代前期-中期の僧。
承和(じょうわ)8年生まれ。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)の人。最澄の同族。比叡(ひえい)山の円仁(えんにん)に師事,のち元慶(がんぎょう)寺の遍昭(へんじょう)にまなぶ。元慶8年元慶寺座主,伝法阿闍梨(あじゃり)。天台密教の教義を大成した。没年は延喜(えんぎ)15年(915)ごろともいわれる。通称は五大院大徳,阿覚大師。著作に「悉曇(しったん)蔵」「教時諍論(じょうろん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安然

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:承和8(841)
平安初期の天台宗の僧,天台密教の大成者。一説に延喜1(901)年頃没。五大院大徳,後世に阿覚大師と尊称される。近江国(滋賀県)の人,最澄の俗系とも伝える。幼時に叡山に登り,円仁の弟子となって顕密を学び,のちに道海,長意,湛契(高向公輔)から三部大法(胎蔵界,金剛界,蘇悉地)を受け,悉曇を学び,元慶寺の遍昭のもとで研鑽をつんだ。入唐求法を志し,貞観19(877)年食糧と駅馬を給されて大宰府に向かったが果たせなかった。元慶8(884)年遍昭が朝廷に願い出て,元慶寺に伝法阿闍梨位が置かれることになり,惟首と共に任じられて密教を教授している。以後の安然は,叡山五大院を住房として,伝法と著作活動に専念したらしい。円仁,円珍の天台宗密教化を推し進めて,大日如来を諸仏菩薩の最高位に置き,一切の教法は真言の一教に摂取され,天台宗も包括されると説き,さらに空海の「十住心論」「顕密論」および諸宗の教学を論破して,台密を優位に置き,天台宗における密教の位置を明確にして教学体系を完成させた。入寂の地は叡山西塔,近江国近松寺,出羽国(山形県)立石寺,時沢などの諸説があって確定しない。<著作>『悉曇蔵』『教時問答』『菩提心義抄』<参考文献>虎関師錬『元亨釈書』,『園城寺伝記』,橋本進吉「安然和尚事蹟考」(『史学雑誌』20編8号),上杉文秀『日本天台史』

(西口順子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんねん【安然】

841(承和8)‐?
平安前期の天台宗の僧。天台密教(台密)の大成者。五大院先徳,後世阿覚大師と尊称される。近江国の人。最澄の俗系とも伝える。幼時に叡山にのぼり,円仁の弟子となって顕密を学び,後に道海,長意,湛契(高向公輔)から三部大法(胎蔵界,金剛界,蘇悉地)を受け,悉曇(しつたん)を学んだ。入唐求法を志し,877年(元慶1)官符が下されて大宰府に行くための食料と駅馬が給されたが,入唐は果たされなかった。882年遍昭について受法し,884年遍昭の奏請で伝法阿闍梨(あじやり)が置かれることになり,門弟の中から惟首,安然の2名が任じられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんねん【安然】

841~?) 平安前期の天台宗の僧。円仁えんにん・遍照へんじように学ぶ。天台宗の密教化を徹底、五教教判によって教義を確立し台密を大成。著「悉曇蔵しつたんぞう」「教時問答」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安然
あんねん
(841―915?)

平安中期の天台僧。最澄(さいちょう)の苗裔(びょうえい)。生地は出羽(でわ)(山形・秋田県)とも相模(さがみ)(神奈川県)ともいわれるが近江(おうみ)(滋賀県)の人か。慈覚(じかく)大師円仁(えんにん)、遍昭(へんじょう)僧正などより顕密の秘法を受け、884年(元慶8)元慶寺座主(がんぎょうじざす)となる。晩年は叡山(えいざん)五大院に住したので五大院先徳と称され、また阿覚(あかく)大師とも称される。示寂地にも諸説あり、餓死したともいわれる。『教時諍論(きょうじじょうろん)』2巻、『教時問答』4巻、『悉曇蔵(しったんぞう)』8巻、『普通授菩薩戒(ぼさつかい)広釈』3巻など100余部を著し、円仁、円珍の後を受けて天台密教を体系化し、真言宗の東密(とうみつ)に対する台密(たいみつ)を大成した。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安然の言及

【悉曇蔵】より

…平安時代の僧,安然の著で,日本における古代悉曇学の集大成。8巻。…

【密教】より

…この課題は,弟子の慈覚大師円仁,智証大師円珍らに継承され,彼らは相次いで入唐して組織的な密教を将来した。安然(あんねん)は,天台系の密教の大成者といわれる。天台系の密教は,両部に《蘇悉地経》を加えた三部の相承を基本とする点を特色とし,東密に対して台密と呼ばれる。…

※「安然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安然の関連キーワード草木国土悉皆成仏請来目録金窪行親五教教判延暦寺国語学童子教悉曇学明覚斉詮豊智栄西四声慈円教理

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android