斎藤誠軒(読み)さいとう せいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤誠軒 さいとう-せいけん

1826-1876 江戸後期-明治時代の儒者。
文政9年2月生まれ。斎藤拙堂(せつどう)の長男。父にまなび,のち京都,摂津などに遊学。伊勢(いせ)津藩につかえ,藩校有造館の督学にすすんだ。明治9年6月2日死去。51歳。名は正格。字(あざな)は致卿。通称は徳太郎,徳蔵。著作に「誠軒集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android