コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料地 リョウチ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐ち〔レウ‐〕【料地】

ある目的のために使用する土地用地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうち【料地】

ある目的に使用する土地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

料地の関連キーワード両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領フリードリヒ・ウィルヘルム[1世]竹腰 徳蔵(1代目)竹腰徳蔵(初代)神楽村御料地争議音威子府[村]御厨(栃木県)国立自然教育園白金(東京都)粟津橋本供御人朝日(北海道)東神楽(町)東条 定太郎角田 喜右作粟津橋本御厨東神楽[町]旧白金御料地朝日[町]音威子府村中川[町]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android