コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛(び)地 トビチ

4件 の用語解説(飛(び)地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とび‐ち【飛(び)地】

ある行政区画に属しながら、主地域から離れて他の区域内にある土地。
江戸時代、大名の城付きの領地に対して遠隔地に分散している領地。飛び知。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛地【とびち】

(1)飛知とも。江戸時代,遠隔地に分散している知行地。城付(しろつき)の領地に対していう。(2)江戸時代,親村と地続きでなく他の村内に入り組んだ土地。洪水のために,村境の川の流れが変わった場合などに生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とびち【飛地】

(1)飛知とも書く。江戸時代,城付(城地,城領)の所領に対し各地に分散している知行地を飛地と称した。一般に外様大名の領地は一円的知行を保ち,1ヵ所にまとまって存在したが,譜代大名の所領は激しい転封と,天領・旗本領との間に所領の著しい統廃合・切替えが行われたため分散知行化した。この場合,城付の所領以外の知行地を飛地といった。たとえば,1664年(寛文4)武蔵忍(おし)藩の所領は老中阿部忠秋の所領であったが,その所領高8万石は,武蔵のうち埼玉郡に3万4113石9斗8升9合(35ヵ村),大里郡に1万6276石6斗7升9合(31ヵ村),秩父郡に1万1685石4斗5升5合(27ヵ村),足立郡に8672石6斗8升9合(13ヵ村),幡羅(はら)郡に1271石1斗2升7合(2ヵ村),男衾(おぶすま)郡に1074石8斗5升5合(9ヵ村)存在したほか,相模国三浦郡に3105石4斗6合(8ヵ村),上野国新田郡に3800石(7ヵ村)が散在する分散知行の形態であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛地
とびち

(1)飛知とも書く。江戸時代、城付(しろつき)の所領に対し、各地に分散している知行地(ちぎょうち)のことをいう。一般に外様(とざま)大名の領地は一円的知行を保ち、1か所にまとまって存在したが、譜代(ふだい)大名の所領は激しい転封と、天領・旗本領との間に所領の著しい統廃合、切り替えが行われたため分散知行化した。この場合、城付の所領以外の知行地を飛地と称した。(2)江戸時代、親村と地続きでなく他村と入り組んだ土地のこと。村境の川が洪水によって河流が変わり、隣村との間に出入りが生じたとき、隣村内に入り組んだ土地は、洪水前の地続村が保有することが定められており、この場合、入組地を飛地と称した。分村によって飛地となる場合もある。[藤野 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛(び)地の関連キーワード乙名過書船組頭六方割瓜去年城地論弁警動須多綿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone