コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛(び)地 トビチ

百科事典マイペディアの解説

飛地【とびち】

(1)飛知とも。江戸時代,遠隔地に分散している知行地。城付(しろつき)の領地に対していう。(2)江戸時代,親村と地続きでなく他の村内に入り組んだ土地。洪水のために,村境の川の流れが変わった場合などに生じた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とびち【飛地】

(1)飛知とも書く。江戸時代,城付(城地,城領)の所領に対し各地に分散している知行地を飛地と称した。一般に外様大名の領地は一円的知行を保ち,1ヵ所にまとまって存在したが,譜代大名の所領は激しい転封と,天領・旗本領との間に所領の著しい統廃合・切替えが行われたため分散知行化した。この場合,城付の所領以外の知行地を飛地といった。たとえば,1664年(寛文4)武蔵忍(おし)藩の所領は老中阿部忠秋の所領であったが,その所領高8万石は,武蔵のうち埼玉郡に3万4113石9斗8升9合(35ヵ村),大里郡に1万6276石6斗7升9合(31ヵ村),秩父郡に1万1685石4斗5升5合(27ヵ村),足立郡に8672石6斗8升9合(13ヵ村),幡羅(はら)郡に1271石1斗2升7合(2ヵ村),男衾(おぶすま)郡に1074石8斗5升5合(9ヵ村)存在したほか,相模国三浦郡に3105石4斗6合(8ヵ村),上野国新田郡に3800石(7ヵ村)が散在する分散知行の形態であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛地
とびち

(1)飛知とも書く。江戸時代、城付(しろつき)の所領に対し、各地に分散している知行地(ちぎょうち)のことをいう。一般に外様(とざま)大名の領地は一円的知行を保ち、1か所にまとまって存在したが、譜代(ふだい)大名の所領は激しい転封と、天領・旗本領との間に所領の著しい統廃合、切り替えが行われたため分散知行化した。この場合、城付の所領以外の知行地を飛地と称した。(2)江戸時代、親村と地続きでなく他村と入り組んだ土地のこと。村境の川が洪水によって河流が変わり、隣村との間に出入りが生じたとき、隣村内に入り組んだ土地は、洪水前の地続村が保有することが定められており、この場合、入組地を飛地と称した。分村によって飛地となる場合もある。[藤野 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飛(び)地の関連キーワードナヒチェバン[自治共和国]カピンガマランギ[島]長野県南佐久郡佐久穂町エクスクラーフェン国カリーニングラードウォルビス・ベイ青森県五所川原市オルシュティン白子(三重県)アラスカ[州]熊野川[町]グダンスク湾和歌山[県]高尾野[町]竜ヶ崎[市]神奈川[県]岐阜県可児市岐阜県大垣市アジュマーン新南陽[市]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android